January 2013
London, United Kingdom
Lily of the Valley
The product is a multi-use creative lighting solution intended for avant-garde retail displays as well as for parties, exhibitions and other exciting events. The reflector, situated inside the shell of the luminaire, is adjustable changing the beam of from round to a shape that resembles floral patterns. The product can both be suspended on a wire to float over its target surface or could be mounted at an angle to create an interesting visual wash on a vertical surface.
The form factor was inspired by the sweetly scented, woodland flowering plant, Lily of the Valley. 
‐‐‐‐‐‐
スズランの繊細な花形を表現した照明デザインです。照明器具の内側に位置するリフレクターは、円形から花の模様に似た形に変更することができます。ペンダントとして天井に取り付けたり、角度を調節するためダクトレールに取り付けることも可能な構成に仕上げてみました。
商品ディスプレイだけでなく、パーティー、展示会など様々な目的に使用することができる照明を目指しています。
Back to Top