June 2016
Vienna, Austria
Efflorescence
Social alienation is a highly relevant problem in today’s society with much to concern. There is increasing polarization of people in social, economic and political spheres. Families spend more time away from each other leading to less intimate and meaningful interaction. What could we do to bring people together?
This project took special interest in the experience of sharing meals together. Individual pots could be taken care by different family members and friends; arranging multiple pots together creates a pattern that resembles flower blossoms. The composition attempts to express the special moment of sharing meals with friends and family. Herbs can emphasize the freshness of the food prepared and can greatly improve appetite by adding color and aroma. It can also uplift the presentation, making each meal time a bit of a special occasion.
Each pot has a built-in magnet that can help attach it to a magnetic surface such as fridge doors. The form allows it to be tilted at an angle for easy access to the herbs when attached to a vertical surface. Multiple pots can be used to create a vertical garden.  The hole above the magnet allows the pot to be hung on a kitchen utensil rail behind the counter, or hung from the ceiling next to a well-lit window. The soil compartment can also drain excess water to be stored below and is made accessible for easy maintenance.
------
地中海の食文化にはフレッシュハーブの使用が欠かせません。ハーブは、食材の新鮮さを強調し、色鮮やかさや、香りにによって食欲を誘います。家族での毎日の食卓を思い出深い時間に変えたいと思ったのが、このプランターのデザインの切っ掛けです。
このプランターは、食事の時には各自持ち寄って一つにし、他の時間は各自によって世話ができるという、集まる機会を象徴するデザインにしました。複数のポットを一つにあわせることにより、花形のパターンが作成され、一緒に集まると花が咲くというイメージが生まれます。またプランターに植えられている植物の成長と食卓での会話が弾むことで、二通りの花が咲くという意味もあります。
キッチンで簡単に使用することができる工夫もされています。ポットの外側のフラットな表面には磁力が施されており、冷蔵庫などの垂直な金属面に接着することができます。さらに同じ表面に穴が設けられてあり、キッチンレールのフックなどに掛けることもできます。フックに掛けた場合、ポットが傾き、簡単にハーブを摘み採ることができます。食卓だけではなくキッチンでの作業も思い出深い時間に変えたいと思いました。
個人が社会から疎外されていることは現在非常に大きな問題です。経済、社会、政治など、さまざまな分野で人々の二極化傾向も増大しているなか、家族のメンバーがそれぞれの生活を送るため家族との繋がりも薄く感じられます。人々の交流をどのようにして深められるかという課題にどうやって取り組んでいくか? 私のデザイナーとしてのテーマです。
Back to Top