July 2016
East England, United Kingdom
House Extension
The brief involved a beautiful Victorian house overlooking a large back garden situated at Suffolk in the east of England. We were asked to design an extension that included the new open plan kitchen and dining room.
We felt that it was important to maximize the natural light and harness the potential of the views to the back garden. The galley style kitchen layout is followed by a series of windows on the ceiling allowing light to wash into the area. The kitchen counter is also naturally lit by a series of windows that act as a kitchen backsplash. These windows could be opened upwards creating a bar like space that could serve meals to be eaten outside in the garden.
To ensure that the original living room also has access to natural light, a series of glass slits were placed in the wall so that the kitchen could act as a light well. The dining space has a balcony attached with a series of sliding glass doors to further open the space to the outside letting light and fresh air into the interior. The kitchen is open to the dining area, making cooking a social activity and always a special occasion. 
‐‐‐‐‐‐
イギリス・サフォーク州に位置するビクトリア建築の一軒家。そのキッチンとリビングの一角を増築する際に手掛けたインテリアデザインです。住まいを広く感じたいという要請に基づき、キッチンとダイニングルームを組み合わせたオープンプランを提案。美しい裏庭の景色を見ることができるようベランダを設け、食卓から眺められるよう考慮しました。
イギリスは雨の日が多いため、室内が暗く感じられます。外からの光を増やすことを心掛け、ギャレースタイルキッチンの天井に一連の窓を設けました。全体的に部屋が明るく感じられるように設計。作業スペース沿いにも窓を設け、明るい光の中で調理が楽しめます。その窓を大きく開けるとカウンターバーにもなります。庭で食事をする時、キッチンが近くに感じられるようにしました。
増築により、庭と離れてしまったリビングにも外からの光が届くよう、キッチンに面する壁にガラスを配置。天井から差し込む光がリビングにも届くように考慮しました。料理をする時間や食卓での時間が楽しく感じられるスペース。 家族や友人との和が生まれる住まいを目指しました。
Back to Top